トップページへ > ボロアパートに住んでた
ボロアパートに住んでた

子供の頃に、親のいざこざの都合で
半年間、すんごいボロアパートに住んだことがあります。
2DKで家賃は格安。
山の中腹にあるので、「眺望だけ」は良好。

見るからにすごいところでしたが、
子供ですから親が「ここに住む!」と決めたらどうしようもありません。

住んでみて、一番びっくりしたのは
「風呂場にきのこが生えてきた」ことです。
二階建てアパートの一階だったので、
なんだかいつでも二階から水の降ってくる、じめじめした
風呂場だったのですが、それでもきのこが生えるとは・・・。
一晩のうちに、ひょーんと伸びて、すぐに枯れてしまいました。

虫はもう、それはそれは多くて、
しまいにはゴキブリくらいでは驚かないようになりました。
母は、ホウ酸団子を手作りして、
もうヤケクソなくらい置いてました。
効果はあったんでしょうかね?
置きっぱなしで引っ越したので、次の住民が驚いたかもしれません。

アドバイスしたいのは、
やはり安い物件にはそれなりの理由があるということ。
玄関ドアの下に隙間があったのですが
そこからゴキブリががんばって入ってこようとしているのを見つけたときには
「ああ、ここは人間の家じゃなくてゴキブリの家なんだなあ」
と実感いたしました。

参考となる情報ガイド

ボロアパートをようやく売ることが出来た。マンション売却のコツを記した実践記録というサイトがとても参考になりました。

Copyright © 2016 山口県の引越し業者 . All rights reserved