トップページへ > 隣の部屋の方がとても変わった人だった
隣の部屋の方がとても変わった人だった

以前住んでいたアパートで大変だったのは、隣の部屋の方がとても変わった人だったことです。そのアパートは近所でも安くて有名なアパートで、私自身当時はとにかくお金を貯めたかったので、安いということだけに飛びついた物件でした。丁度下見に訪れた日には隣の部屋の人はおられなかったため、挨拶もできず、どんな人かもわからないまま入居することになったのです。

始めてお会いしたのは引越しの準備に部屋の掃除をしているときでした。丁度外におられて、洗濯機を回しておられました。とりあえず会釈して、よろしくお願いします程度の軽い挨拶をしましたが、こちらを見てはおられたもののほぼ無視で、返事はありませんでした。50から60台くらいの年配の女性だったので、とても不思議に感じましたが、とにかくその日はそれで終わり、そしていざ入居したら、ますます奇怪さが分かるように。

私がいつ家に帰っても、またいつ外に出ても、一日中ほぼずっと洗濯機の前におられるのです。何をしておられるのかは分かりませんが、洗濯機はずっと回ってます。そして、回ってる洗濯槽をずっと覗き込むようにしておられます。一日のうちいつ見てもその体勢で、ほんと不思議でした。

その方の同居している子供(といっても働いている年齢)も不思議で、突然わめきだしたり、机や壁を異常にたたき続けたりと、それはそれはひどいものでした。いくら安くても、これではこっちが持たないと一年もしないうちに引越しせざるを得ませんでした。近所だけはちゃんと選ばないと、後々苦労しますね。

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 山口県の引越し業者 . All rights reserved